クイーンズ伊勢丹とは

三越伊勢丹フードサービス

東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能汚染問題につきましては、国レベルの緊急事態であることから、国の定める基準・判断・指示に基づき、青果市場での自主的簡易検査及びお取組先の協力を得ながら、トレーサビリティも含め対応をしてまいりました。 しかし、長期間におよぶ放射能の影響に対し、お客様の不安は依然として続いていることから、より安心して当店をご利用頂けるように、行政機関及びお取組み先の検査の補完として、自主検査をしております。


『捨てればゴミ』、『分ければ資源』

 

1.検査対象商品について
   主に国の通知で検査対象となっている『17都県』の産地の下記対象品を優先的にサンプリング検査しております。
   ① 今までに放射能検出があった生鮮食品及び加工食品
   ② 主原材料及び地下水を使用して製造している、当社ブランドの加工食品。
   ③ お子様が召し上がる頻度の高い食品

 2.検査場所・検査方法について     
   ① 本社ビル検査室に、NaIシンチレーションスペクトロメータを2台設置し、サンプリング検査しております。
   ② 青果市場(大田・昭島)の当社事務所に、NaIシンチレーションサーベイメー タを各1台設置し、
     出荷前に青果表面の汚染度をサンプリングチェックします。
   ③ 鮮魚市場(築地)の当社事務所に、NaIシンチレーションサーベイメータを1台設置し、出荷前に鮮魚介類表面の
     汚染度をサンプリングチェックします。
   ④ 自社3工場に、NaIシンチレーションサーベイメータを各1台設置し、原料の受入れ時に、原料表面の汚染度を
     チェックしております。
   ⑤ 一部商品は第三者機関へ依頼し、ゲルマニウム半導体検出器のサンプリング検査をしております。

 3.当社の対応(基本姿勢)
    「平成24年4月1日よりの国の新基準値」を遵守します(自主基準値は設定しま せん)

 4.検査結果の対応
    国の新基準値を超えた場合は、販売を見合わせ、速やかに行政機関へ届出を行い、行政機関の指導に従い
    対応して参ります。

                                                                  以 上